はじめてのウォーキングを楽しく続けるためのポイント

walking2

夏の暑さが落ち着いてきたら、美容と健康のためにウォーキングをはじめてみませんか?
でも、続けられるか不安…という方のために、楽しくお散歩感覚で続けられるポイントをまとめてみました。ご参考にされてくださいね。

まずは歩く距離を少しずつ伸ばしていきましょう

普段の通勤や通学のときに、いつもより少しだけ歩く距離を伸ばしてみるのも立派なウォーキングになります。“歩くぞ!”と意気込むことなく、毎日のウォーキングが習慣になっていくと、意識しなくても少しずつ距離も長くなっていけるはずです。

たとえば、いつも飲み物を買っている自動販売機から、少し遠くの自販機まで歩いていってドリンクを買う、歩きながら飲むと水分補給にもなって一石二鳥ですね。

特別に時間を作ろうとすると、あれこれ考えてしまって、なかなかスターとできないこともありますが、日常生活の中でちょっとだけ歩く時間を増やしてみてはいかがでしょうか?

楽しく続けるには

歩くことだけを目的とするのではなく、道に咲いている花や空模様、気温や吹いている風の変化など、季節の移り変わりや風景を楽しんでみましょう。普段、歩いている道にも日々、新しい発見があるかもしれません。

また、好きな音楽を聞きながら歩くのも楽しいですね。歩くテンポに合ったリズムの音楽なら、疲れも感じずに思っている以上の距離を歩けちゃうかもしれません。ただし、両耳をふさいでしまうと危ないですので、方耳のイヤホンを使うようにしましょう。

いよいよ、実践編です!

 

cosmos

ウォーキングの前には

軽くストレッチなどをして、筋肉をほぐします。気温が低くなる季節には、少し丁寧に動かして体を温めてからはじめると怪我の予防にもまります。

また、ダイエット目的の場合はある程度、空腹時に歩くのが効果的なのですが、そこまでストイックでなければ、食後1~2時間後がおすすめです。もし、朝食前にされる方はウォーキングの1時間くらい前にバナナを食べておくと良いですよ。

ウォーキングは週に何回くらいすればいいの?

一日おきという説もありますが、歩けるときにウォーキングをするでもOKです。というのも、ウォーキングをする!と決めた日が雨だったりすると、どうしても億劫になってしまいますよね。
すると、歩けなかった…というストレスが発生してしまい、だんだんとモチベーションが下がってくることがあるからです。ルールが厳しくなると続かなくなる可能性もありますので、無理のない範囲からはじめてみましょう。

どれくらいの時間、歩けばいいの?

まずは15分からはじめてみませんか?もちろん、それ以上歩ける!という方は無理のない範囲で歩いていただいても大丈夫なのですが、何事もはじめが肝心です。はじめてのウォーキングがハード過ぎると心が折れてしまいかねませんので、もう少し歩けるかな?くらいでストップし、次のウォーキングを楽しみに取っておいてください。

慣れてきたら少しずつ時間を増やしてゆき、できれば一日最低30分以上行うと効果的です。ただ、あまり長時間のウォーキングは体に負荷がかかりますので、長くても1時間以内を心がけましょう。

 

time

どれくらいのスピードで歩けばいいの?

続けていくことでスピードも少しずつアップしてきますので、はじめは自分に無理のない速度でウォーキングを楽しみましょう。やっぱり楽しく感じるのがポイントです!

もしかしたら、普段、歩いているスピードでも歩き続けていると軽く息があがってくるかもしれません。ですから、はじめは、ゆっくりペースからがおすすめです。

形から入るのも楽しいですね

服装やシューズなどにこだわるのも、はじめるきっかけになることがあります。
ある程度の時間を歩くとき、靴は大切なポイントとなりますが、なかなか自分に合う靴を見つけるのは難しいですよね。ソールが硬いもの、柔らかすぎるものは歩きにくい場合があります。実際に数日履いて歩いてみないと靴は分からないのですが、セールなどで試しに購入し合っているものを探し当ててください。

また、ウエストポーチなどにティッシュや飴、スマホ、万歩計、小銭などを入れておくといざという時に役立ちます。水分補給の飲み物も忘れないでくださいね。また、紫外線予防のため、帽子をかぶることをおすすめします。ウエアとのコーディネートも楽しんじゃいましょう。

まとめ

いかがですか?なんとなくできそうな気がしてきませんか?
あまり気負わず、少し長めのお散歩をしながら、街角発見を楽しむ気持ちではじめてみてください。ポイントは無理をしない、楽しむ!です。

このカテゴリーの関連記事