プラセンタの種類

e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s

様々なプラセンタ

プラセンタ(胎盤)は受精卵が赤ちゃんになるまで育てる器官ですので、哺乳類の数だけ種類があります。

主に使われているのは、ヒト由来、豚由来、羊由来、馬由来のものです。

最近では、海洋性プラセンタや植物性プラセンタという商品もありますが、これらは本当のプラセンタではな

く、お魚の卵巣膜(筋子の薄皮)や植物の胎座(種に触れている部分)が使用されています。

これらには、アミノ酸などは含まれていますが、細胞を活性化する肝心の「成長因子」が含まれていませんの

で、本来の(動物性)プラセンタとは別のものだと考えた方が良いでしょう。

また、プラセンタでも種類によって特徴が異なりますので、代表的なものを次に挙げてみました。

ヒト由来のプラセンタ

ヒト由来のプラセンタは、その名のとおり人間の胎盤から得られたものですが、医療にも美容にも使われて

おり、大変注目されています。ヒトプラセンタはなじみが大変よくて、元々、肝機能障害や更年期障害や乳汁

分泌不全の治療のために薬として用いられてきました。近年では、美容効果を求めてプラセンタ注射を希望

される方も少なくありません。さらに、プラセンタ注射で毛が生えた!とテレビで話題になったことから、発毛

の効果でも注目を浴びています。しかし、日本では、医療機関のみの使用となっています。

豚由来のプラセンタ

ヒトプラセンタは医薬品のみとなっていますので、それに代わるものとして、クローズアップされたのは牛や羊

由来でした。しかし、狂牛病など安全性の点から牛プラセンタは禁止となり、羊もスクレイピーという伝染病の

為に原料に使用に制限がかかりましたので、豚プラセンタが主流となっています。豚は、年に20頭ぐらい出

産しますので、入手しやすく安価なので粧品や美容ドリンクなど日常生活に広く利用されています。しかし、

豚はインフルエンザや口蹄疫などの病気に弱いので、生育過程においてワクチンや薬剤の投与が多いなど

の懸念があります。このため、プラセンタに混じる不純物や衛生の問題をクリアするための処理で、有効成

分もかなり失われてしまいます。

3b0faf41a3f958cd9386e20a6973b8ef_s

馬由来のプラセンタ

馬は、出産サイクルが11ヶ月と人間に近く、一度の出産で1頭ですので、値段は高価になります。

しかし、アミノ酸は他のプラセンタよりも約300倍も含有量が多いうえ、豚プラセンタに含まれていない栄養も

あるなど、質と量のバランスのよさも魅力です。また、馬は基礎体温が豚や牛よりも5~6℃高く、奇蹄類でも

あるために、衛生面や安全性が高く安心です。馬はあらゆる神話にも登場し、気高く馬力や美しい毛並みの

元である馬プラセンタに人々が憧れるのも頷けます。

まとめ

医療用に使われているか、化粧品に使われているかによってプラセンタの種類は様々です。

化粧品に使われているプラセンタの多くは豚プラセンタや馬プラセンタですが、中には海洋性や

植物性のものもあります。

プラセンタの種類も大切ですが、より安全性を重視するためには国産プラセンタなのか海外産

プラセンタなのかを知ることも大切です。