甘酒だけじゃもったいない!美容と健康に嬉しい酒粕の効能

35564c1ee0695837bc68415f285a0cf7_l

酒粕は、日本酒の製造過程でできる絞り粕のことを言います。

酒粕というと一番に思い浮かべるのは甘酒や粕汁かもしれません。

米麹から作る甘酒は、近年飲む点滴とも言われポピュラーな飲み物になりつつあります。

甘酒や漬物だけではなく、酒粕は料理にも使うことができ、

また含まれる栄養素は現代人にとって嬉しいものばかり。

そんな酒粕について、その効果や利用方法をご紹介していきます。

 

酒粕の栄養素の中で最も注目すべきはこれ!

 

酒粕には、たんぱく質、炭水化物、食物繊維、ビタミン類、有機酸、ミネラルなどが含まれているほか、ペプチドやアミノ酸、麹菌、葉酸なども含まれています。

その中でも、特に美容と健康に貢献するとして注目されるのが

「レジスタントプロテイン」

 

プロテインという名の通りタンパク質の仲間なのですが、

食物繊維の様な働きを持ち合わせています。

 

タンパク質は通常体内で消化酵素により分解され、アミノ酸として腸管で吸収されます。

しかし、レジスタントプロテインは消化酵素による分解を受けにくいという特徴があります。

そのため栄養源としては吸収されにくいのですが、油を吸着する機能を持つため

コレステロール低下作用等の効果があり、美容と健康維持に対して有効であると考えられています。

参考:美容と健康に関する酒粕の成分(日本醸造協会誌)

 

 

酒粕には美白効果も!

 

酒粕に含まれる「遊離リノール酸」

これはメラニン合成を促すチロシナーゼの働きを抑制する働きがあります。

メラニンはシミやそばかす原因となりますから、

その発生を抑制し美白効果が期待できるのです。

 

「遊離リノール酸」は味噌にも含まれており、

日本の発酵食品のパワーを改めて感じますね。

参考:タケヤみそ

 

酒粕の利用方法

 

fca473cd3362c460487f281f79787e2f_l

 

酒粕はスーパーなどで買うことができます。

一般的には、甘酒、粕汁、粕漬けなどに使われていますが、

実は調味料としても有能で、和食洋食問わず、また、お菓子作りなどにも役に立つ食材なのです。

NHKのためしてがってんに紹介されたように、

自宅に粕床を作り漬物をつくるのも良いですし、

ホワイトソースにしてパスタやグラタンに使うのもオススメです。

 

また、ワンカップで有名な酒造メーカー大関株式会社では、

ホームページで多種多用な酒粕レシピを紹介しています。

是非参考にしてみて下さいね。

大関レシピ

 


酒粕は、多くの人にとって、身近にあるようでなかなか目を向ける機会の少なかった食品かもしれません。

料理やお菓子に利用できるのは嬉しいですが、やはり漬物に長年使われてきたというところに、先人たちの知恵を感じます。

温故知新という言葉にもあるように、酒粕との新しい関わり方を学んで日常に取り入れていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカテゴリーの関連記事