プラセンタの成分

1411212top

プラセンタの栄養成分

少し難しい話になりますが、そもそもプラセンタにはどんな栄養成分があるのでしょうか?

赤ちゃんの生命を母胎内で形づくり、すくすくと成長を促進させるプラセンタ(胎盤)は、豊富な種類の栄養素

や栄養因子の宝庫です。ビタミンやミネラル、酵素、アミノ酸、ペプチド、核酸、ヒアルロン酸やコンドロイチン

硫酸等のムコ多糖体といった栄養素はもちろん、「成長ホルモン」を活性させる「成長因子」「増殖因子」と

いった希少な成分も含まれています。

29101

若返りのホルモン

この成長ホルモンは「若返りのホルモン」とも言われているぐらい、とても重要なホルモンです。なぜかという

と、成長ホルモンは、皮膚、髪、骨、筋肉などの細胞を作ったり、脂肪分解作用や肌をなめらかにする皮下組

織水分貯留作用など、成長と代謝と修復に作用するからです。そして、成長ホルモンを活性化する物質を

、「成長因子」や「増殖因子」といいます。しかし残念なことに、成長ホルモンは、成長期をピークに20代半~

後半で、急激に減少 してしまいます。

ところが、プラセンタには、EGF(上皮細胞増殖因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、NGF(神経細胞成長因

子)、IGF(インシュリン様成長因子)、HGF(肝細胞増殖因子)や、造血幹細胞など 免疫力の向上にもかかわ

るIL‐1、IL‐2、IL‐3、IL‐4、CFSといった様々な因子が含まれているのです!ですから、プラセンタで成長ホ

ルモンを補ったり分泌を促進することで、お肌や髪の艶だけではなく、新陳代謝や免疫や気力のUPといっ

た、様々な若返り効果がもたらされるのです。実際に、プラセンタは美容だけではなく、肝機能、糖尿病、気

管支喘息、狭心症、腎炎、胃潰瘍、関節症、自律神経や更年期など様々な症状において、医療現場でも使

用されています。

flower11

 

まとめ

これ以外にも、プラセンタには種々多様な素晴らしい成分が含まれています。例えば、酵素だけでも、アルカ

リホスファターゼ、ヒアルロニ ターゼ、酸性ホスファターゼ、アデノシン三リン酸など、100種類近く確認されて

います。
ただ、プラセンタの効果は認められ活用されていても、全ての成分や薬効のメカニズムについては、まだ殆

どわかっていないと言われています。プラセンタは万能薬としても期待されているので、今後、科学や医学的

な研究が進み、新たな知見や生命・自然の神秘が明らかなるのも楽しみですね。