健康的なコーヒーの楽しみかた

coffee

少しずつ涼しくなってきて、温かい飲み物でほっとする時間が楽しめるようになりましたね。
日常的に毎日のコーヒーが習慣になっている方も多いと思います。
コーヒーは健康に良いという報告もありますが、少しだけ飲み方を意識するとより効果的に作用しますので、ぜひチェックされてみてくださいね。

寝起きのコーヒーにご注意を

コーヒーを飲むと眠気が覚めてスッキリ、リフレッシュしますよね。
ただ、血糖値が急激に上がってしまうことと、カフェインによる刺激で胃に負担が掛かってしまうことが心配です。
また、脳を覚醒させるコルチゾールは、朝8時~9時くらいの間に分泌のピークを迎えるといわれていますが、このとき、カフェインが含まれたコーヒーを飲む習慣がついているとコルチゾールの分泌が減少されてゆき、カフェインによる耐性ができてしまうそうです。覚醒するにはより多くのカフェインが必要になってきて過剰摂取につながることも…。

飲むタイミングに気をつけてみましょう。
おすすめの時間帯は、午前中なら9時半~11時半のあいだ、午後なら1時半~5時くらいがコルチゾールの分泌を妨げないので、耐性ができづらいといわれています。

 

coffee

一日、何杯なら大丈夫なの?

目安として一日3~4杯くらいがおすすめです。
カフェインの過剰摂取は体調不良(腹痛、胃痛、吐き気、頭痛など)の原因になることがあります。いわゆる、カフェイン中毒といわれているものですね。
コーヒーの他、紅茶、緑茶、ココア、エナジードリンクなどにも含まれていますのでご注意ください。
また、時間をあけずに続けて飲むのもできれば避けたほうが良いと思います。少なくても1時間は間隔をあけて楽しむようにしましょう。コーヒーは適量を、上手なタイミングでとることでシミやしわを防ぐなど、女性にとって心強い味方になってくれる飲み物です。

カフェインレスコーヒーを上手にとるのも、体に優しいですね。



コーヒーに期待される効果とは

【香りによるリラックス効果】
ある調査ではコーヒーを一日に2~3杯くらい飲む人は、飲まない人に比べてうつ病になりにくいということが分かったそうです。ぜひ、香りも楽しみながら飲んでくださいね。

【活性酸素の作用を抑える】
活性酸素の影響を受けると増やすいのが、皮膚の色素沈着の原因である「メラニン」ですが、コーヒーに含まれるポリフェノールが、活性酸素の作用を抑えてくれるといわれています。
また、活性酸素は老化を促進させるといわれていますので、コーヒーを上手に飲むことでエイジングケアにもなりますよ。

【ダイエット効果】
脂肪を分解する上、体内に脂肪をつきにくくする働きがあるといわれています。
また、カフェインが腸に働きかけ活性化させますので、便秘気味の人には効果的に作用してくれます。

nut

コーヒーのベストパートナー

・ナッツ類
ナッツ類に含まれるアルギニンとカフェインを一緒にとることで、脂肪燃焼効果が高まるといわれています

・バナナ
バナナのような炭水化物を一緒にとると、血糖値のバランスが整い、カフェインの過剰摂取による頭痛を引き起こすのを防ぐことができるといわれています。また、ビタミンB・E・必須アミノ酸、食物繊維が含まれているので美容にも効果的です。

・ツナ
アミノ酸の一種であるアルギニンを豊富に含んでいる代表的な食品がツナです。カフェインと一緒に摂取すると体脂肪を減少させる効果があるといわれています。ツナサンドとコーヒーやカフェオレでランチタイムを楽しむのも良いですね。

まとめ

コーヒーを日本に持ち込んだのは、江戸時代、長崎の出島に訪れたオランダ人の商人だといわれています。それ以来、なじみ深い嗜好品のひとつとなり、日本人に広く愛される飲み物となりました。上手に飲めば健康にも美容にも嬉しい効果が期待できます。

・午前9時半~11時半、午後1時半~5時の間に飲むようにする
・多くても、一日3~4杯までを目安として飲む
・1時間以上の間隔をあけて飲むようにする

コーヒーの香りに癒されながら、楽しんでくださいね。

このカテゴリーの関連記事