甘酒作り実践レポ

08a5ed1e4ba862cc084c6a2ad2dc1d94_m

 

 

甘酒パート2

甘酒が美容と健康に良いということは、

多くの方が知っていることと思います。

作るのが大変そうだなぁと思っていましたが、

美容と健康のためには行動を!

ということで、

米麹の甘酒を、炊飯器で作ってみました。

 

炊飯器での甘酒の作り方

 

炊飯器で甘酒を作るのはいたって簡単です。

おかゆを炊いて、炊き上がったらお水を加え、

米麹を入れ、8時間待つだけ。

————————————————

  • お粥:米1合/水4合

(炊飯器のお粥機能がある場合はそれに合わせます)

  • 米麹(できれば生麹):2合(約230g)
  • :600~900cc

————————————————-

 

注意したいのは、8時間待つときの温度です。

40度~50度で保温するため、

炊飯器の蓋は開けたままにし

内釜の上にラップや濡れ布巾をかぶせるようにします。

 

炊飯器のふたを完全に閉めてしまうと、

温度が上がりすぎ、55度を超えると麹菌や乳酸菌が

死に始めると言われているからです。

 

温度計などで測ると良いのですが、

今回手元に温度計がありませんでしたので(苦笑)、

指で触れてちょっとあったかいな、と感じる温度で

保温しました。

少し心配でしたが、無事に甘酒が出来上がりました。

 

amazake

 

お粥にしか見えませんが、しっかり甘酒です。笑

粒があるのが苦手な場合はブレンダーにかけてさらっとさせます。

 

出来上がった甘酒は保存容器に移し、

冷蔵庫で保存します。

 

甘酒の効果

 

自作の甘酒を1週間飲んで感じる効果は、

お通じが良くなったこと。

 

また、甘いものが食べたくなったときに

おやつ代わりにできるのが、

個人的にはとてもいいなぁと思っています。

 

チョコやクッキーを食べるより、

甘酒をちょっと飲むほうが、

甘いものを食べる罪悪感がなくて精神的にも良いです。笑

 

飲み方や飲む量なども推奨される方法があるとは思いますが、

度が過ぎない程度ならば、

好きなときに好きなだけ飲む方が気が楽で、

長く続けられると思います。

 

手作りということ

 

体に良いと言われる食品やサプリメントは沢山ありますが、

やはり普段食べる物を手作りするということが、

何より体が喜んでいるように感じます。

 

料理が習慣ではない人でも、

この甘酒作りは手順も手間も少ないうえに、

体に優しいものが出来上がりますから、

是非一度、作ってみてほしいなと思います。

 

甘酒だけでなく、麹のお料理に関する情報が詰まった

発酵王子で有名な伏木さんの著書もオススメです。

「塩麹と甘酒で作る調味料」

 

できるところから健康習慣始めていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカテゴリーの関連記事